オデッセイ

オデッセイを買取相場の上限で売る!

ネットのみで概算査定金額が分かります

 

オデッセイの高く売れる人気のグレードと買取ポイント

 

オデッセイの高く売れるグレードとオプション

 

オデッセイは、以下の各条件で買取金額がプラスなる要素があります。プラス要素が多ければ多いほど買取店が欲しがるクルマです。

 

 

・人気のグレード
「アブソルート」「アブソルート・EX」「2.4G」
・人気のカラー
ブラック、ホワイトパール、紫
・人気のオプション
MO本革シート、ホンダセンシング、純正モデューロエアロ、無限エアロ

 

オデッセイのりセールの高いグレードは、「アブソルート」「アブソルート・EX」「2.4G」です。アブソルートシリーズなら買取相場は高いですが、特に7人乗りのアブソルートのりセールが強いですね。

 

4WDのリセールも強いので、必要な地域なら選んでも問題無いでしょう。

 

エントリーグレードの2.4Gの買取相場も高いです。2.4G・EXのリセールは、新車価格が上がるためか、残価率は他と比べるとワンランク低いですね。

 

人気のカラーは、ブラックパールとホワイトパールです。この2色はプラス査定です。アブソルートに限って言えば、パープルもプラス査定ですが、ブラック・ホワイトよりは落ちてしまいます。

 

ブラック、ホワイトパールと比較して、他色になると3年以内の売却で30万円前後安くなるでしょう。

 

オプションでは、MOの本革シート、ホンダセンシング、純正のモデューロエアロが付いていると、プラス査定です。ホンダのアフターパーツメーカーの無限のエアロもプラス査定が見込めます。

 

エアロ関係は一部分の単体よりも、フルキットで付いていた方が、トータルで評価が上がります。インチアップしたアルミホイールもセットだと尚高いですね。エアロ付きならローダウンもプラス評価されます。

 

オデッセイを買うなら、アブソルートの7人乗りで色はブラックかホワイト、好みでエアロを付ければ良いでしょう。これでリセールは強いはずです。4WDを選んでも良いでしょうね。

 

新車のオデッセイに乗り換えるなら、オデッセイ値引き交渉マニュアルも参考にどうぞ。

 

 

オデッセイのリアルタイムの買取相場を調べるには?

 

では、オデッセイの査定金額はいくらが相場なのか?以下のサイトで簡単に買取店のリアルタイムの査定相場を知る事が出来ます。

 

ディーラーの査定だけではなく買取店の査定も受けて、査定金額の損得勘定をしっかりとやりましょう。

 

ネットで愛車の概算価格が分かるかんたん車査定ガイドです。一番のメリットは複数の買取店が査定額を競い合い高査定(平均で16万円以上)が期待出来る事です。また、ディーラーの下取りと比べて最大40万円も高くなった実例もあります。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

 

かんたん車査定ガイドで表示される査定相場金額は、直近の取引データから算出しているので、ほぼリアルなオデッセイの買取相場となっています。

 

 

オデッセイの概算買取金額が分かったら、次はオデッセイを出来るだけ高く売りましょう!

 

概算価格はあくまで概算なので、実際の車両の状態や走行距離などが査定に反映されていません。実際の査定ではさらにプラス金額になったり、または低くなる事もあります。

 

実際に査定してもらうには、わざわざ買取店に出向くよりも、出張査定で査定してもらった方が時間も手間も省けます。

 

管理人もこれまで15台以上車を売却して来ましたが、直近の3台はかんたん車査定ガイドで、ディーラーよりも高値で買取してもらいました。

 

それも数万円レベルではなく、ディーラーよりも15万円~90万円も高く売れました。ウソのような話しですが、本当に実話です^^;

 

90万円高く売れたのは代理で交渉した知人のカイエンですが、ディーラー査定は最高で650万円でした。そのままディーラーに下取りに出していたら、90万円の損失に・・・恐ろしいです。

 

 

 

以下のオデッセイ買取マニュアルを見れば、買取相場の上限でオデッセイを売ることが出来ます。

 

しっかりとこのページで知識を付けて買取店と商談すれば、ディーラー査定よりも数十万円高くオデッセイを売ることが可能です!

 

 

買取店へオデッセイを高く売るための目標金額の決め方

 

オデッセイから高い査定額を引き出すコツは、目標買取金額を設定して、「その金額にならなければ売らない」と言うルールを決めて最後まで守る事です。

 

目標買取金額の決め方は、実際のオデッセイの中古車販売価格から逆算しましょう。

 

オデッセイの目標買取金額の決め方
カーセンサーで自分の車と同等の中古車をピックアップする
●グレード、年式、走行距離、カラー、修復歴の有無でオデッセイを絞り込む
●台数が少なければ、年式やカラーの条件を緩める。その際、同価格帯のグレード(排気量)、走行距離、修復歴の有無を優先して絞り込む事


●自分のオデッセイと同等の中古車を10台前後ピックアップ
●本体価格の平均を求める
平均価格から販売店のマージン約20~40万円を差し引いた金額がオデッセイの買取上限相場

 

 

中古車販売店は、オデッセイの中古車販売でいくらのマージンを取っているのか?

 

オデッセイの中古車販売店のマージン

 

多くの中古車販売店は、業者しか参加できないオートオークションからオデッセイの中古車を仕入れて、自社(自店)で販売しています。

 

そのオートオークションから仕入れた金額に自社の経費や利益を乗せて、オデッセイの中古車販売価格を決めます。

 

そのマージンが分かれば、目標とすべきオデッセイの買取金額が見えてきます。

 

中古車販売価格が50万円~200万円位の価格帯なら、販売店のマージンはおよそ10万~30万円以上と考えられます。

 

販売価格が200万~400万円以上になると、マージンは増えておよそ20万~50万円以上になります。(あくまで平均的な相場から)

 

この販売店のマージンを平均価格から差し引けば、中古車の仕入れ値=オデッセイの買取上限相場となります。

 

 

オデッセイ2.4 G EX(販売価格200万円前後)の中古車販売店マージンはいくら?

 

ではオデッセイの実際のオークションの仕入れ値と販売価格から、中古車販売店のマージンを見てみましょう。

 

中古車販売店のオデッセイ店頭販売情報
オデッセイ中古車価格
グレード名 オデッセイ2.4 G EX
主な装備 リヤエンターテイメント、フルセグ ラ
ボディカラー パール
店頭販売価格 199.9万円
支払総額(販売店の諸費用含む) 213.5万円
自動車税・所得税・預かり法定諸費用 約4.2万円
預かり法定諸費用を除いたオデッセイの販売価格 2,093,000円・・A

 

預かり法定諸費用他(合計2~10万円ほど)
(中古車を購入するユーザーが必ず支払うもの。販売店の経費や利益ではない)
・自動車税(例2000cc) 3,200円~36,200円(3月は0円、4月は36,200円。以降毎月3千円強下がっていく)
・重量税 車検が残っていれば0円
・自動車取得税 3年落ち300万円の所得税約2.6万円。「6年落ち以下」と「車両価格50万円以下」は0円
・自賠責保険未経過相当額 車検残に対して1ヵ月1000円ほど
・預かり法定費用 車庫証明や登録時3000~9000円ほど
・リサイクル料 9千~2万円 「リ済込」なら別途発生しない

 

オデッセイの仕入れ価格
オデッセイ仕入れ価格
オークション落札価格 166.0万円
消費税(8%) 132,800円
落札手数料 10,000円
自動車税2400cc(9月として) 22,500円
リサイクル料 14,420円
上記を全て足したオデッセイの仕入れ価格 1,839,720円・・B

 

上記A-B=販売店のマージン(利益、経費、値引き分など)

 

A(2,093,000)-B(1,839,720)=253,280円(販売店のマージン)

 

上記の販売価格199.9万円(諸費用込みの支払総額213.5万円)で売られているオデッセイの中古車販売店のマージンは、約25.3万円です。

 

この販売店の利益や経費(マージン)を差し引いた仕入れ値(B)183.9万円が、このオデッセイ2.4 G EXの買取上限相場となります。

 

 

オデッセイ2.4 M(販売価格40万円前後)の中古車販売店マージンはいくら?

 

上記よりも下の価格帯のオデッセイの販売店マージンを見てみましょう。

 

中古車販売店のオデッセイ店頭販売情報
オデッセイ中古車価格
グレード名 オデッセイ2.4 M
主な装備 ETC,バックモニター付きナビ
ボディカラー グレー
店頭販売価格 39.8万円
支払総額(販売店の諸費用含む)

49.8万円

自動車税・所得税・預かり法定諸費用 約4.3万円
預かり法定諸費用を除いたオデッセイの販売価格 455,000円・・A

 

オデッセイの仕入れ価格
オデッセイ仕入れ価格
オークション落札価格 22.1万円
消費税(8%) 17,680円
落札手数料 10,000円
自動車税2400cc(9月として) 22,500円
リサイクル料 0円
上記を全て足したオデッセイの仕入れ価格 271,180円・・B

 

上記A-B=販売店のマージン(利益、経費、値引き分など)

 

A(455,000)-B(271,180)=183,820円(販売店のマージン)

 

上記の販売価格39.8万円(諸費用込みの支払総額49.8万円)で売られているオデッセイの中古車販売店のマージンは、約18.3万円です。

 

この販売店の利益や経費(マージン)を差し引いた仕入れ値(B)27.1万円が、このオデッセイ2.4 Mの買取相場の上限となります。

 

この買取上限相場をオデッセイの目標買取金額に設定して、今後買取店と商談していきます。

 

 

オデッセイを買取相場の上限で売るための買取交渉マニュアル

 

オデッセイを買取相場の上限で売るマニュアル

 

 買取店との商談では、カーセンサーの中古車販売価格から設定したオデッセイの目標金額に気持ち上乗せした「“ちょっと”無理かな?」程度の買取金額を、希望金額として伝えます。


 買取店は最初、希望金額を聞くなり「その金額での買取は難しい」などと言ってくる筈ですが、仮に「その金額で買取する」と言ってきたら、迷わずオデッセイを売却しましょう(あなたの目標設定が低すぎた可能性もありますが)。


 自分の出した希望金額での買取が難しい、と言うなら、では「いくらなら出せるか?」を訊きます。


 買取店によっては買取金額を言い渋ったり、逆に「いくらなら売ってくれますか?」と訊き返したりする担当者もいますが、あくまでも「希望金額にならなければ売らない」スタンスを守り続けましょう。


 そうする事で、買取店もキチンと「〇×万円までは出せる」「△◆万円は出せない」などと伝えてくれますので、それらの情報をつなぎ合わせることで各買取店のオデッセイ買取相場が見えてきます。


 その買取相場を踏まえて、よりリアルなオデッセイの目標金額を設定しましょう。

 

 

買取店同士の競合でオデッセイの査定金額が上がる!

 

 各買取店でオデッセイの査定金額が出たら、他の買取店にもそれを伝え、競合させながらオデッセイの買取商談を進めましょう。


 ただ、買取店も商売ですから、少しでも利益を上げるため、他店(ディーラー、買取店)の査定金額に少しだけ(+1万円とかが多い)上乗せした買取金額を提示して来ますが、あくまでも「希望金額に達しなければ売らない」というスタンスは徹底しましょう。


 また、カーセンサーの販売価格から算出した目標金額と、実際のオデッセイ査定金額との開きが大きい場合、いくらか上乗せした買取金額を他の買取店に伝えてもいいでしょう。


 そうして買取店同士の競合を続けていくと、やがて次々とギブアップ(買取を断念)する買取店が出てきて、オデッセイの買取相場に限界が見え、オデッセイを買取して貰う買取店も絞られてきます。


 そこまで来ると、目標金額に満たない段階で契約を迫られても、あくまで「希望金額でなければ売れない」と断れば、意外にあっさり引き下がりますし、日が浅ければ、少し時間をおいて「希望金額には届かなくても、他の買取店で〇△万円がついたから、それ以上なら検討(妥協)する」と持ちかけることも可能です。


 こうして丹念に商談を繰り返す中で、最高値でオデッセイを買取してくれる買取店が見つかりますから、オデッセイを買取相場の限界金額で買取して貰うことが出来るでしょう。

 

オデッセイを買取相場の上限で売る方法
●オデッセイの概算査定額を調べる
●中古車販売価格から目標買取金額を設定する
●目標買取金額にいくらか上乗せして、無理目の希望金額を買取店に伝え、買取店の上限金額を探る
●最も高い査定金額を他の買取店に伝えて、各買取店の上限相場を引き出す
●最も高い買取店にオデッセイを売る!

 

 

オデッセイを高く買い取ってくれる買取店はココ!

 

買取店に査定してもらいオデッセイを高く売る!

 

 ホンダ オデッセイを買取相場のMAX金額で買取してもらうには、どの買取店へ売ればいいのでしょうか。


 多くの買取店では、買取したオデッセイを業者オークションに転売するスタイルをとっていますが、中には業者オークションに出さないで直接販売する買取店も存在し、そういう買取店はオークション経費(中間マージン)が発生しない分、オデッセイの買取金額に上乗せしやすくなります。

 

 大手買取店の中でも直接販売の割合が高い業者は、ガリバー、カーチス、ビッグモーターです。大手買取店で査定してもらうなら、この3社をおススメします。


 しかし、より高い割合でオデッセイを直接販売しているのが地元の中小買取店です。


 中小買取店は中古車販売を行っている事が多く、大手買取店よりも融通が利くため、直接販売を前提とした高額買取が可能なほか、大手買取店ほど広告費をかけていない(かけられない)分、買取金額に力を入れる事ができます。


 この大手買取店と中小買取店の特性を活かして両者を競合させることでオデッセイの買取金額を引き上げ、オデッセイを買取相場MAX金額で買取して貰いましょう。


 ここでおススメするのは、以下の無料一括査定です。

 

「カーセンサー.net」「カービュー」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の中小買取店が充実しています。

 

ネットで愛車の概算価格が分かる査定比較.comです。こちらも中小の買取店が多く登録されています。カーセンサーで表示されない中小買取店があれば、ここで選択したいですね。

 

 これらの買取店から大手買取店・中小買取店をチョイスして、実際にオデッセイを査定して貰います。


 多くの買取店に査定して貰うほどオデッセイの買取査定アップの可能性が高まるため、面倒でも最低3社以上は査定して貰う事をおススメします。

 

 

タイミングによってオデッセイを高く買取れる買取店は変わる

 

リアルな目標金額を買取店に伝えて、「その金額にならなければ売らない」と言う姿勢を崩さなければ、各買取店の上限相場が見えて来ます。

 

ただ買取店によって、オデッセイを買取れる金額には大きな幅があります。

 

「A店では絶対に無理!」と言われた金額が、「B店ならOK」と言うような事は日常茶飯事です。

 

なので一部の買取店の話しだけでオデッセイの相場観を自分に植え付ける事はやめましょう。多くの買取店と商談する事で、本当の買取相場の上限が分かります。

 

中古車販売価格から、オデッセイの買取上限相場を算出することで、本当に高価買取でオデッセイを売ることが出来ますよ!

 

 

最後にひと手間動けるなら!

 

これまでの買取店との商談で、買取相場の上限でオデッセイを売る事にほぼ成功していると思いますが、最後にひと手間加える事で、さらに高値での買取が可能になるかもしれません。

 

その方法は、これまでの査定で出た最高金額を最低落札価格に設定して、ユーカーパックの買取オークションに出品する事です。

 

ユーカーパックとは、一度ユーカーパックの査定を受ければ、その査定情報を基に全国の2000社以上の買取店が入札するオークションです。

 

ユーカーパックの担当者と相談して最低落札価格を設定しますが、すでに出ている買取店の最高額を最低落札価格に設定しましょう。

 

もしその金額以上の入札が入れば、さらに高値でオデッセイが売れる事になります。

 

査定は周辺の提携ガソリンスタンドでしてもらえますが、面倒なら自宅駐車場など希望する場所に来てもらえる出張査定を指定しましょう。

 

査定はこの一回だけで済むので、後は2000社の買取店オークションの結果を待つだけです。

 

もし最低落札価格に満たなくても、ユーカーパックの担当者が入札した買取店と交渉してくれて、最低落札価格以上で売れる場合もあります。

 

自分は手間要らずで待つだけなので、本当に楽ですよ!

 

⇒ユーカーパックの無料査定はこちら

 

 

 

オデッセイの買取相場や査定の特徴

 

 業者オークション相場を調査すると、過去3か月間のオデッセイ取引台数は4,896台。モデルごとに見ると、以下の通りとなっています。

 

5代目(2013年11月~現行) 468台
4代目(2008年10月~2013年10月) 564台
3代目(2003年10月~2008年9月) 2800台
2代目(1999年12月~2003年9月) 896台
初代(1994年10月~1999年11月) 161台

 

 流通台数の最も多いのが、人気の爆発していた3代目、10年落ちから15年落ちのオデッセイですが、走行年式なり(1万km/年≒10万km~15万km)修復歴なしのM(最多流通グレード)で5~25万円程度の買取相場がついています。

 

 2代目以前のオデッセイは、ほぼ廃車~5万円程度とあまり期待できない買取相場となっていますが、4代目以降はまだ高い買取相場が残っているケースも多くあります。

 

 中古車は流通台数が多いほど買取相場が安定しているため、買取店としても値ブレの心配が少なく、オデッセイの買取でも買取相場の上方を提示できます。

 

 とは言うものの、買取店も商売ですから、何もしなければ少しでも安く買取金額を提示してきますので、このページの高額買取テクニックを参考に、是非とも買取相場の上限ギリギリでオデッセイを売却しましょう。

 

 ここで気になる過走行(走行距離1万km/年を大きく超過)のオデッセイですが、業者オークション相場を調べると20万kmオーバーの4代目オデッセイで10~15万円程度、5代目(現行)オデッセイでは10万kmオーバーでも100万円以上の買取相場が残っていますから、ディーラー下取りでは極端に安く見積もられたり、価値ゼロ円などと査定されてしまったオデッセイでも、諦めずに買取店に持っていくようにしましょう。

 

オデッセイの買取

 

 

オデッセイ直近の買取価格の推移

 

2014年オデッセイ買取相場推移

※色はホワイトパール又はブラック、走行距離は年間1万キロ平均の車両

 

 2014年式(4年落ち)オデッセイ アブソルートEXの買取相場は、ごく緩やかな波型を描きながら上下を繰り返し、年式相応に下落していく様子がわかります。

 

 

2011オデッセイ買取相場推移

※色はホワイトパール又はブラック、走行距離は年間1万キロ平均の車両

 

 2011年式(7年落ち)オデッセイ アブソルートの買取相場は、春から翌春にかけて下がり上がりを繰り返すと思いきや、2017年12月の急落以降、年が明けても盛り返す様子が見えず、そのままの水準で推移していくものと思われます。


 

オデッセイを売るなら知っておこう!今後の買取相場の見通しは?2018年上期現在

 

 ホンダ オデッセイは2017年11月にマイナーチェンジが入ったばかりなので、2018年上期に大きな動きはなく、年式(時期)相応の買取相場下落を示すものと予測されます。

 

 これまでの傾向を見ると、フルモデルチェンジは5年ごと、マイナーチェンジはその概ね中間にあたる3年後に行っているので、前回のマイナーチェンジ(2017年)は前回フルモデルチェンジ(2013年)に比べてやや遅めと見られますが、これはオデッセイのモデルサイクルを延ばすためと思われます。

 

 オデッセイのマイナーチェンジをフルモデルチェンジの中間に実施するという法則が保たれている前提で考えるなら、オデッセイのモデルサイクルは従来の5年から7年に延びるため、次のフルモデルチェンジは2020年ごろと予測されます。

 

※あくまでも管理人の予測であって、事前にモデルチェンジ情報が入ったら、オデッセイの買取相場が下がり始める半年前~3か月前にはオデッセイを売却できるよう、なるべく早く行動しましょう。

 

 いずれにしても、2018年上期におけるモデルチェンジの可能性は極めて低いため、オデッセイの売却で注意すべきは時期的な相場変動となります。

 

 オデッセイの上期(1月~6月)買取相場は、年度末決算期と新年度に向けた中古車ニーズの高まりから市場の活性化する1月~3月第1週(2月がピーク)が最も高く、その後4月いっぱいまで下落し、5月以降に再び上昇する(ピーク時ほどではありません)傾向が見られるため、これらのタイミングでオデッセイを売却するといいでしょう。

 

 

オデッセイ10年間の買取相場推移

 

 

オデッセイの買取金額が新車から1年ごとに、どの位下がって行くのか?オデッセイの10年間の買取相場推移を記録しました。

 

オデッセイを売るタイミングや、車の買い替えスケジュールなどの参考にどうぞ。

 

※年間の走行距離は1万キロ以内で、年式相応に平均的に距離を重ねた一般的な車両を対象にしています。走行距離や車両の状態により、買取相場は異なります

 

対象グレード
・オデッセイアブソルート(7人乗り)又は同等グレード
参考新車時価格331.8万円

・オデッセイG エアロパッケージ(7人乗り)又は同等グレード
参考新車時価格307.2万円

 

新車からの経過年数 オデッセイアブソルートの買取相場 オデッセイG エアロパッケージの買取相場
1年後 249万円(24.9%) 225万円(26.7%)
2年後 237万円(28.5%) 213万円(30.6%)
3年後 194万円(41.5%) 175万円(43.0%)
4年後 184万円(44.5%) 161万円(47.5%)
5年後 165万円(50.2%) 144万円(53.1%)
6年後 135万円(59.3%) 112万円(63.5%)
7年後 120万円(63.8%) 99万円(67.7%)
8年後 109万円(67.1%) 77万円(74.9%)
9年後 64万円(80.7%) 53万円(82.7%)
10年後 48万円(85.5%) 36万円(88.2%)

※カッコ内は新車時価格からの値落ち率です

 

オデッセイの買取相場は、10年経っても36万円~48万円の相場が残っているので、中古車市場で根強い人気があるのが伺えます。

 

途中フルモデルチェンジが入ると、旧モデルは値落ちが進んでしまいますが、全体を通して買取相場は高い水準を保っていると言っていいでしょう。特にアブソルートの人気は高く、買取相場が強いですね。

 

新車からの経過年数を見ると、4年落ち~5年落ちのオデッセイの相場の下落幅が少ないです。

 

6年落ちになると10%前後相場が下落するので、4年落ち~5年落ちの間に次の車に乗り換えると、高いリセールバリューを維持するので、コストパフォーマンスの高い乗り換えが出来るでしょう。

 

 

3年落ちオデッセイの買取価格(リセールバリュー)ランキング!高く売れるグレードは?

 

3年オデッセイ

 

オデッセイの各グレードの買取相場から3年後の買取価格ランキングを出してみました。

 

ランク グレード名
(新車価格)
リセールバリュー(買取相場) リセールバリュー(ディーラー下取り相場)
1位

アブソルート EX

(288.9万円)

80.9%

(234万円)

71.3%

(206万円)

2位

G エアロパッケージ

(307.2万円)

72.2%

(222万円)

62.8%

(193万円)

3位

アブソルート(4WD)

(336.8万円)

71.5%

(241万円)

63.3%

(213.5万円)

4位

アブソルート 20THアニバーサリー

(335.6万円)

71.2%

(239万円)

63%

(211.5万円)

5位

アブソルート EX(4WD)

(365.6万円)

71.1%

(260万円)

63.5%

(232.5万円)

6位

アブソルート

(324.4万円)

67.1%

(221万円)

55.9%

(181.5万円)

7位

G EX

(327.5万円)

64.7%

(212万円)

55.7%

(182.5万円)

8位

G

(288.9万円)

63.3%

(183万円)

53.1%

(153.5万円)

9位

G(4WD)

(302.4万円)

60.5%

(183万円)

50.7%

(153.5万円)

10位

G EX(4WD)

(324.2万円)

52.7%

(171万円)

43.6%

(141.5万円)

 

オデッセイ3年グラフ

 

オデッセイの3年後の買取相場1位のグレードは、「アブソルート EX」です。

 

 3年落ちオデッセイの買取相場を見ると、アブソルート系やエアロパッケージ等スポーティグレードに人気が集まり、上位6位までを独占しています。


また、ディーラー下取り相場を表の右端に載せましたが、ほとんどの場合で買取店の方が高いため、ディーラー下取り査定を鵜呑みにせず、買取店でも査定してもらい、十分に比較検討しましょう。

 

 

5年落ちオデッセイの買取価格(リセールバリュー)ランキング!高く売れるグレードは?

 

5年オデッセイ

 

オデッセイの各グレードの買取相場から5年後の買取価格ランキングを出してみました。

 

ランク グレード名
(新車価格)
リセールバリュー(買取相場) リセールバリュー(ディーラー下取り相場)
1位

アブソルート

(292万円)

60.2%

(176万円)

50%

(146万円)

2位

アブソルート(4WD)

(315万円)

59%

(186万円)

49.8%

(157万円)

3位

M

(272万円)

52.2%

(142万円)

41.1%

(112万円)

4位

Mエアロパッケージ

(276万円)

51.4%

(142万円)

40.5%

(112万円)

5位

MX・エアロパッケージ

(306万円)

47.3%

(145万円)

37.9%

(116万円)

6位

MX

(292万円)

44.5%

(130万円)

34.4%

(100.5万円)

 

オデッセイ5年グラフ

 

オデッセイの5年後の買取相場1位のグレードは、「アブソルート」です。

 

 5年落ちオデッセイの買取相場を見ると、アブソルート系やエアロパッケージ等スポーティグレードが上位独占かと思いきや、新車価格の安さから相対的にリセールバリューの高いMが果敢に食い込んできたのがわかります。


 ディーラー下取り相場と買取店での買取相場を比較すると、ここでもディーラー下取りの方がリセールバリューで10%前後(30万円前後)も安くなっているため、買取店でも査定して貰った方がいいでしょう。

 

 

7年落ちオデッセイの買取価格(リセールバリュー)ランキング!高く売れるグレードは?

 

7年オデッセイ

 

オデッセイの各グレードの買取相場から7年後の買取価格ランキングを出してみました。

 

ランク グレード名
(新車価格)
リセールバリュー(買取相場) リセールバリュー(ディーラー下取り相場)
1位

Mファインスピリット エアロパッケージ

(249万円)

42.6%

(106万円)

32.9%

(82万円)

2位

Mファインスピリット

(239万円)

36.8%

(88万円)

28.7%

(68.5万円)

3位

L(4WD)

(314万円)

35.7%

(112万円)

 

27.2%

(85.5万円)

4位

アブソルート(4WD)

(314万円)

35.0%

(110万円)

26.8%

(84万円)

5位

アブソルート

(291万円)

34.4%

(100万円)

26.6%

(77.5万円)

6位

M(4WD)

(288万円)

31.3%

(90万円)

24.1%

(69.5万円)

7位

L

(291万円)

30.9%

(90万円)

23.9%

(69.5万円)

8位

Mエアロパッケージ

(298万円)

27.2%

(81万円)

21.1%

(63万円)

9位

Li

(338万円)

24.3%

(82万円)

18.8%

(63.5万円)

10位

M

(265万円)

23.4%

(62万円)

18.5%

(49万円)

 

オデッセイ7年グラフ

 

オデッセイの7年後の買取相場1位のグレードは、「Mファインスピリット エアロパッケージ」です。

 

 7年落ちオデッセイの買取相場を見てみると、アブソルート系を抜いてファインスピリット系がトップ1,2を勝ち取り、Lが相対的なリセールバリューの高さから3位に追随しています。


 ここでもディーラー下取りと買取店のリセールバリュー差は5~10%(10~20万円)程度も開いているので、ディーラー下取りよりも買取店に持っていきたいところです。

 

 

10年落ちオデッセイの買取価格(リセールバリュー)ランキング!高く売れるグレードは?

 

10年オデッセイ

 

オデッセイの各グレードの買取相場から10年後の買取価格ランキングを出してみました。

 

ランク グレード名
(新車価格)
リセールバリュー(買取相場) リセールバリュー(ディーラー下取り相場)
1位

アブソルート(4WD)

(304.5万円)

32.8%

(100万円)

25.5%

(77.5万円)

2位

L Kパッケージ

(279.3万円)

24.3%

(68万円)

19.3%

(54万円)

3位

M エアロパッケージ

(257.2万円)

18.7%

(48万円)

14.8%

(38万円)

4位

アブソルートHDDナビスペシャルエディション

(291.4万円)

16.8%

(49万円)

13.4%

(39万円)

5位

アブソルート

(281.4万円)

16.0%

(45万円)

12.8%

(36万円)

6位

L(4WD)

(323.4万円)

15.8%

(51万円)

12.7%

(41万円)

7位

L

(300.3万円)

14.0%

(42万円)

11.2%

(33.5万円)

8位

S

(236.2万円)

13.5%

(32万円)

11.0%

(26万円)

9位

M(4WD)

(269.8万円)

12.6%

(34万円)

10.0%

(27万円)

10位

M エアロHDDナビスペシャルエディション

(267.7万円)

11.6%

(31万円)

9.3%

(25万円)

11位

M

(246.7万円)

9.7%

(24万円)

7.9%

(19.5万円)

12位

M HDDナビスペシャルエディション

(257.2万円)

7.8%

(20万円)

6.6%

(17万円)

 

オデッセイ10年グラフ

 

オデッセイの10年後の買取相場1位のグレードは、「アブソルート(4WD)」です。

 

 10年落ちオデッセイの買取相場を見ると、トップに返り咲いたアブソルート4WDにL Kパッケージが食い下がり、3位のMエアロパッケージ以降は団子状に追いかけている状態です。


 ディーラー下取りと買取店のリセールバリュー差を見ると、2%~7%(5~20万円)の開きがあるので、くれぐれもディーラー下取りを鵜呑みにせず、買取店でも査定して貰うことをおススメします。

 

 

6年落ちのオデッセイアブソルートが140万円で売れた!ユーザーの買取レポート

 

 

オデッセイアブソルートを6年間に渡って乗っていました。

 

室内が広いので快適ですし、車体が大きいのにも関わらず小回りが効いてハンドリングしやすいということでオデッセイに乗っている方は多いはずです。

 

ただ、最高燃費が良くなく、ミニバンなので仕方がないのかもしれませんが、プリウスに買い換えようと買取してもらう事にしました。

 

6年落ちのオデッセイなのでどの程度の価格で買取してもらえるのか全く分からず、予想が付かなかったので2つの業者に査定を行ってもらうことにしたのです。

 

最初は一括査定サイトの利用も考えていて、カーセンサーやズバット、かんたん車査定ガイドといったサイトが高い評判を得ていました。

 

しかし、まだ売るかどうか迷っていた段階なので、私にとっては最初から業者を決めて依頼するという方法が合っていたのかもしれません。

 

車の買取の中でも人気の業者が良いのでガリバーとラビットに焦点を当てて、6年落ちのオデッセイがどのくらいの価格で売れるのか無料査定してもらいました。

 

インターネット上の手続きで査定の申し込みが可能ですし、自分から出向かなくてもスタッフの方が自宅へと訪問してくれるので便利です。

 

オデッセイは初期型から現行型まで市場に多く出回っているので高値での買取は難しいと思います。

 

この点に関しては十分に把握しており、低い金額を掲示されても仕方がないと思っていましたが、6年落ちの2.4アブソルートに140万円という金額が付いたのは自分でもビックリです。

 

ラビットでは110万円くらいだったので140万円を掲示してくれたガリバーに買取をしてもらうわけですが、両社とも想像を遥かに超えていました。

 

6年落ちの同じオデッセイアブソルートで走行距離が82,000kmだと買取の相場は80万円くらいで、私のオデッセイは30,000kmと短かったからこそ高く売れたのかもしれません。

 

事故歴や修復歴の有無などで相場は変わるものの、140万円という買取の金額に満足しているのは事実です。

 

もしかしたら、「もっと色々な業者に依頼して比較していれば高く売れたのではないか?」と頭の中を駆け巡りました。

 

しかし、140万円以上の高値が付くことはないでしょうし、十分過ぎるくらいの価格です。

 

次のプリウスは燃費が良いので、ガソリン代を気にすること無く乗り回せそうです。

 

ネットで愛車の概算価格が分かるかんたん車査定ガイドです。一番のメリットは複数の買取店が査定額を競い合い高査定(平均で16万円以上)が期待出来る事です。また、ディーラーの下取りと比べて最大40万円も高くなった実例もあります。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

 

 

PAGE TOP

copyright©2006-2018 ホンダ オデッセイを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com